母子家庭

母子家庭で貧困でも今すぐできる!万が一の子供へのお金の残し方と

母子家庭の貧困層は、万が一のことを考えると不安で仕方ないと思います。

私もそうです、 子供がどうなってしまうか、ストレスを抱え込んでしまうくらい大きな問題ですよね。

私は母子家庭の貧困の層の中でも、最下位級の生活をしていました。

DVから逃げるために無一文でシェルターに駆け込みました。

DVシェルターとは、ドメスティックバイオレンス(DV)またはジェンダーバイオレンス(GV)に遭った被害者を、加害者である配偶者等から隔離し、保護する施設。

引用元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

そこから母子支援施設に移り、自立に向けてスタートを切りました。

貧困生活をしながら必死に2年働きましたが、それでも貯金は100万円程度が限界でした。

現時点で私が死んだら、『2人の子供たちがたった100万円で将来どうやって自立できるの?』考えるだけで毎日恐怖でした。

母子家庭の貧困層は必死に頑張ったところで自分の死後、子供の自立をサポートできるお金は用意できません。

この問題を解決するため

  • 国からどのような支援が得られるか
  • お金を残すためにできる備え
  • 母子家庭の貧困層の働き方
てまちーず
てまちーず
以上の解決策をまとめてみましたので、参考になれば幸いです。

【母子家庭で貧困】遺族年金のこと、年金の支払ができない場合は免除申請を!

遺族年金には、「遺族基礎年金」「遺族厚生年金」があります。

亡くなった方の年金の納付状況などによって、支給方法が変わります。

遺族基礎年金

支給条件

  • 死亡日に属する月の前々月までの保険料納付済期間が3分の2以上である(免除期間も含む)
  • 死亡日に属する月の前々月までの1年に保険料の未納がない

支給対象

  • 18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子
  • 20歳未満で障害年金の障害等級1級または2級の子

支給額

年金額(平成31年4月分から)

780,100円+子の加算

子の加算 第1子・第2子 各 224,500円
第3子以降 各 74,800円

子の数 子の加算額 遺族基礎年金の合計
1人 22万4500円×1人 100万4600円
2人 22万4500円×2人 122万9100円
3人 22万4500円×2人+7万4800円×1人 130万3900円
4人 22万4500円×2人+(7万4800円×2人) 137万8700円

 

情報元:日本年金機構

所得に応じて年金の支払いが免除されますので、まずは管轄区域の日本年金機構にお問い合わせ下さい。

※収入が157万円以下で全額免除対象

てまちーず
てまちーず
子供が児童養護施設で生活することになっても遺族年金は支給されます。また全額免除の場合にも支給額は変わりません。

遺族厚生年金

支給条件

  • 被保険者が死亡したとき、または被保険者期間中の傷病がもとで初診の日から5年以内に死亡したとき。(ただし、遺族基礎年金と同様、死亡した者について、保険料納付済期間(保険料免除期間を含む。)が国民年金加入期間の3分の2以上あること。)

※ただし令和8年4月1日前の場合は死亡日に65歳未満であれば、死亡日の属する月の前々月までの1年間の保険料を納付しなければならない期間のうちに、保険料の滞納がなければ受けられます。

  • 老齢厚生年金の受給資格期間が25年以上ある者が死亡したとき
  • 1級・2級の障害厚生(共済)年金を受けられる者が死亡したとき

支給対象

  • 18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子
  • 20歳未満で障害年金の障害等級1級または2級の子

支給額

払込期間や、世帯状況により支給額は違います。

情報元:日本年金機構

【母子家庭で貧困】万が一の備えは収入保障保険がおすすめ!

収入保障保険とは?

被保険者に万が一のことが起こったら、その時点から満期まで家族が毎月一定額の保険金を受け取れる保険です。

万が一のことが起こらないうちは、時間の経過とともに保険金を受け取れる月数が減っていきますので、これに連動して亡くなったときに受け取れる保険金の総額も減っていきます。

収入保障保険をおすすめする理由

  • 一定金額が毎月入るので見通しが立ち、無駄遣いしにくい
  • 母子家庭の貧困層はわずかな貯金しか残せないけど、収入保障保険なら安い掛け金でお金を残すことができる

収入保障保険はどこががおすすめ?

非喫煙者で優良体であれば断然FWD富士生命でした。

ネットでも評価が高く、ファイナンシャルプランナーの方2人に相談しましたが、断然FWD富士生命が安かったです。

非喫煙
一年以上喫煙していないこと。(喫煙検査があります)

優良体
18.0<BMI<27.0
・血圧の上が140mmHg、下が90mmHg未満。

てまちーず
てまちーず
33歳の時、毎月1718円の掛け捨て、64歳満期で毎月10万円の支払いされるものに加入しました。

良いファイナンシャルプランナーから保険を紹介してもらう方法

個人的に訪問型をおすすめします。

行く手間がないことはもちろんですが、

今まで来店型2回、訪問型1回利用し、ファイナンシャルプランナーの質が全く違いました。

利用した感想を独断と偏見でお伝えします。

来店型を利用した感想

  • 一応家族構成など悩みは聞いた上で話しは進むものの、結局売りたいものを押してくる
  • 私に合った保険を教えてくださいと言うと、そんな事保険屋で言うのはナンセンスやとなぜか怒られた(大手保険紹介会社)
  • 不利なことは言わない(高額医療費のこと)
てまちーず
てまちーず
このようなことがあり、町の保険屋さんは全く信用していません。ただ入りたい保険が決まっているなら、アフターフォローもスムーズなので行く価値あり!

訪問型を利用した感想

  • 必要な保険と、必要じゃない保険をしっかりと教えてくれる(高額医療費がある、保険料ほどの戻りが確率的に期待できない商品など)
  • 保険は本来必要ない!と断言された上で、現状のリスク回避のための保険を紹介してもらえた
  • 保険の知識を丁寧に説明してくれる
てまちーず
てまちーず
あたりの方だったのかもしれませんが、以上のような人は信用できるファイナンシャルプランナーだと思います。

\『訪問型おすすめ』まずは無料相談を/

ほけんのトータルプロフェッショナル公式サイトはこちら

【母子家庭の貧困】自己犠牲しない働き方!セーフティーネットに頼る方法もある

母子家庭になってからの約2年間、仕事をにすがるような気持ちでライン作業の仕事をしていました。

永遠と流れてくる箱に何時間もチョコを詰めて、動いたら流れ去ってしまう待ったなしの、ロボットのような仕事でした。

この頃の将来設計は

  1. 保育園→何でもいいから仕事を続ける
  2. 小学校から大学→社員か仕事の掛け持ち

何が何でも働いて、大学入学資金をためる!が目標でした。

母子家庭で貧困だからと社会的評価や世間体を気にするのをやめました

お涙頂戴系のテレビでは『自分を犠牲にして、ここまで立派に育て上げてくれてありがとう。』というシーンをよく見かけ、

私もこんな立派な母親目指すんだと決め込んでいました。

そんな気持ちとは裏腹に

  • 子供の成長についていけない自分にストレス
  • 仕事へのモチベーションは貯金でしか保つ事しかできない
  • 何が楽しくて生きているんだろ

人生悲観していました。

しかし現在、在宅ワーカーを知り目指して日々頑張っています。

私に万が一のことがおきた場合に備えることができたなら、一生労働であろう人生を後悔しないような仕事をしたい!

現時点で取り組んでいること

  • ブロガーとして活動開始
  • 在宅ワーカー講座を受ける(ひとり親家庭のための資格取得支援事業を利用し、WEBライティング技能検定を取得する)

WEBライティング技能検定は2015年10月より一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会発行する民間資格の試験制度である。

引用元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

てまちーず
てまちーず
何の実績もないですが、働い方に関してブログで発信していきたいと思います。

生活が困難になった場合はセーフティーネットに頼ろう

チャレンジできる環境が社会に整っています。
自分のやりたいこと環境のせいにして、諦めるのはもったいないです。
母子家庭の貧困層で受けれるセーフティーネット
  • 母子支援施設
  • 年金の免除
  • 生活保護
  • 保育園の無償や学校の就学援助
  • 公共機関が無料だったり、割引がきく
  • 医療助成
  • 住宅手当
  • 公営住宅は優先されやすい

自治体によっても変わりますが、自身が視野を広げると沢山のセーフティーネットがあります。

その中でも、母子支援施設生活保護などは母子が生きていく保証がされているものです。

母親の万が一にも年金の免除をうけて保険代わりにもできます。

【母子家庭で貧困】母の死後、子供のお金を守る方法

万が一のことがあった場合、私のように子供を養ってくれる人がいない方は

どうやってお金を子供に渡すか、道筋を立てておくことはとても大切です。

ここで重要になってくるのが未成年後見人を立てることです。

てまちーず
てまちーず
私の場合全く信用できない子供の父親からお金を守る必要があり、妹に未成年後見人になってもらうことにしています。

未成年後見人とは

父母等の親権者がいない未成年者の為に、親権者に代わって、その未成年者の財産管理と身上監護を行う人です。未成年者が成人する等、保護が必要なくなる時まで継続して財産管理と身上監護を行います。しかし未成年後見人は場合によっては財産管理だけを行う場合もあります。

未成年後見者の立て方

未成年者に対して最後に親権を行う者は、遺言で未成年‍後見人を指定することができます。

(民法839条1項)
未成年者に対して最後に親権を行う者は、遺言で、未成年後見人を指定することができる。
ただし、管理権を有しない者は、この限りでない。

遺言は公証役場で公正証書遺言の作成をするこで手数料はかかりますが、効力のあるものを残せます。

公正証書遺言を作成するための必要書類や手数料
お近くの公証役場はこちらから検索

未成年後見人に伝えておきたいことはまとめておきましょう

  • 毎月入るお金
  • 貯金通帳の情報
  • 保険はどのようなものに入っていているか
  • お金の管理方法
  • お金の使い道

などなど、後見人と相談し書き残しておくとよりいいでしょう。

母子家庭で貧困だからと将来を悲観するのはやめよう!

私が母子家庭になって辛い思いをしたのは、自己犠牲を美化させる社会の風潮でした。

しかし現在個々の時代に変わりつつあり、離婚率も3組中1組。

母子家庭の貧困問題は切実であり、社会的な問題でもある面では、生きていける環境作りや、支援が整われていっています。

まずは悲観する前に視野を広げれば、できることはあります。

ここでなにより大切になってくるのが

  • 無理はしない
  • 自分のことを労われる範囲でおこなう

このことを優先し、最善を尽くすことだと思います。

できるだけ悩みは早い段階で片づけていきましょう。

こちらの記事もおすすめ!